住友林業 zeh

住友林業のzehはどうなの?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、消費エネルギーが正味ゼロ、またはゼロ以下となる住まいのことを言います。

 

 

 

これからの家造りにおいて、ZEH仕様での家造りが求められており、各ハウスメーカーではZEH仕様の商品を続々と発売されています。

 

 

 

今回は住友林業のZEHに注目してみました。

 

 

 

住友林業といえば、木の家ですが使用されている材料なども高級で、主に富裕層をターゲットとされており、エコ住宅などのイメージとは程遠いハウスメーカーと思われる方も少なくないはずです。

 

 

 

しかし、住友林業でも、ZEH仕様に対応されており“グリーンスマート”といった商品が用意されています。

 

 

 

住友林業のZEHの特徴について、以下に簡単にですがまとめてみました。

 

 

 

まず、壁に関しては高性能グラスウールを、窓に関してはLOW-E複層ガラスを採用するなどして、エネルギーを逃げづらくするために高断熱仕様にされています。

 

 

 

そして、高効率エアコンやHEMS、LED照明などの高性能な設備を搭載することで省エネ性能を高めていたり、エネルギーを創り出す太陽光発電システムを搭載し、創エネの家を実現されています。

 

 

 

これが住友林業が提案するZEH仕様の家で、その結果一年を通しての1次エネルギーの消費量がゼロ、またはゼロ以下の家を実現されているのです。

 

 

 

 

最後に、住友林業のグリーンスマートで建てる場合の価格帯についても少しふれておきたいと思います。

 

 

 

 

【住友林業 グリーンスマート 価格】での検索数も急上昇しているようです。

 

 

 

 

調べてみたところ、このグリーンスマートは注文自由設計で対応されているようですが、肝心な価格や坪単価に関しては、一切書き込みがなくお問い合わせくださいと記載されてありました。

 

 

 

 

大手ハウスメーカーの中で坪単価の高さはトップと言われている住友林業なうえ、ZEH仕様で建てる場合は高性能設備などの導入はもちろん、太陽光発電システムを搭載しなければならないなどの必須条件があり、とてもお金がかかります。

 

 

 

 

住友林業でZEH仕様で建てる場合は、予算に余裕のある方でないと厳しいのでは?と思います。

 

 

 

住友林業 坪単価|値引き交渉のポイント!のTOPへ戻る