住友林業 商品 坪単価

<スポンサードリンク>




住友林業の商品別の坪単価記事一覧

私の個人的な想像ですが、老後の生活を考えると2階建ての住宅だと足腰が痛くなって、2階の部屋に行くことが少なくなるから、どうせ家を建てるなら平屋住宅の方がいいと思ったことがありました。平屋なら1階部分しかないから、生活が全て1階で収まると。ところが平屋にすると2階建ての住宅よりも広い土地を確保しないといけないし、屋根と面積を2倍とるので価格が高くなる、と言われて諦めました。そんなただでさえ高級なイメ...

住友林業で、ローコスト住宅はないのか調べてみたら「Smart木達(スマートこだち)」という商品がありました。どのくらいのローコストなのか坪単価を調べてみるとなんと、65万〜90万円/坪でした。60万〜70万円台はローコストと言えると思いますが、それ以上はローコストではないような…そこでどのような特徴があるのか見てみました。まず、規格住宅とは間取りや外観等がある程度パッケージ化された住宅のことです。...

住友林業では2013年、女性社員が女性目線での商品開発や、サービス等に生かすことを目的に「女性目線開発プロジェクト」を立ち上げ、女性誌の「LEE」の読者にアンケートや座談会等を実施したり、現場で施主の主婦の方の希望や要望を総括して「konoka(コノカ)」は誕生しました。子育て世代向け(20代〜30代)の「mamato(ママト)」よりは上の年齢層をターゲットとしているためか、坪単価は高めの70万〜...

省エネ住宅が脚光を浴びていますが、住友林業で省エネ住宅がないか調べてみたら、「Green Smart(グリーンスマート)」という商品がありましたので、坪単価や特徴を調べました。坪単価は70万〜100万円とのことです。価格はスマートではないようです・・・ちなみに省エネ住宅とは、冷暖房機器や給湯器、家電製品等消費エネルギーを抑えた住宅のことです。太陽光や地熱、風力等の自然エネルギーを利用することで電気...

2011年、住友林業から20代や30代の子育て世帯に向けた「mamato(ママト)」が販売されました。「ママも家族もハッピーになれる家づくり!」をコンセプトに、住友林業の育児を経験した女性社員が中心になって開発をしたこの商品について、坪単価や特徴についてみていきます。まずは坪単価ですが、45.3万円〜となっています。ローコスト住宅ですら坪単価50万円〜ですからママトの坪単価は安いです。20代や30...

住友林業で和風の住宅があるのか探してみたら、「和楽」という商品を見つけましたので、坪単価や特徴を調べてみました。和楽の坪単価は70万〜100万円とのことです。坪単価にはオプションや諸費用は含まれていませんので、気が付いたら金額がとんでもなく高くなっていた、ということがないように注意が必要です。和楽にはモダンな「和楽 華」とクラシックな「和楽 雅」の2つのスタイルを提案しています。モダンとクラシック...

3階建てや4階建てになると鉄骨工法が主流になるのですが、木を熟知している住友林業は木造で3・4階建て住宅の商品を販売しています。それが「Proudio(プラウディオ)」という商品です。このプラウディオの坪単価や特徴を調べてみます。坪単価は70万〜100万円のようです。この単価でも十分高いのですが、個人的にはもっと高いのかと思っていました。なぜ木造でも3・4階建てができるのか、謎や特徴についてみてみ...

住友林業と聞けば、まず木の家をイメージされる方も多いのではないでしょうか。国産木材をふんだんに使い、高級感あふれる木造住宅の建築を手がけている大手ハウスメーカーですが、住友林業には様々な商品が用意されており、ハウスメーカーの中でもプランの自由度が高いことも住友林業の特徴です。住友林業の主力商品としては、自由設計の「My Forest(マイ フォレスト)」をはじめ、ビッグフレーム構法を活かし大空間も...

page top