住友林業 比較

<スポンサードリンク>




住友林業と他社を比較記事一覧

積水ハウス(シャーウッド)も住友林業も、木を使って建てる家です。積水ハウスと住友林業を比較してみるには、双方の特徴を知る必要があります。積水ハウスのシャーウッドは、木造軸組ペースが基本になっています。しかし、積水ハウスの方がどちらかといえば鉄骨に近いものがあります。つまり、予め制作された木材を集めて造られた家ですので、自然の木造とは違うのです。これにより、耐震装置もへーベルハウスと共に、国土交通省...

三井ホームと住友林業は、両社ともに木造住宅を専門とするハウスメーカーです、そのため、いろいろな面で競合するところが多いようです。両社ともに高価格帯のメーカーですが、具体的な特徴について比較します。まず住友林業は木材内の水分率を15%以下に設定しています、この水分率は長期間住み続ける場合その寿命に影響します、木は水分量が20%を超えると割れたりたわみがでたりしますので、その点を比較すると含水率が低い...

一条工務店と住友林業はどちらも国内大手の木造住宅メーカーとして知られています、両社にはどのような違いがあるのでしょうか紹介したいと思います。一条工務店の特徴としては断熱性と機密性です、現在主流になっているツーバイフォーや輸入ハウスメーカーと比べても、一条工務店の従来工法より一条工務店の断熱性能と機密性のほうが優っているという結果が出ています、そういった特徴からも、北海道や東北といった寒冷地では機密...

住友林業とへーベルハウスの比較をします。ふたつに絞ったけれど、どちらにするべきか迷っている場合は、この記事が役立つかもしれません。まず住友林業は、日本の伝統的な工法を主とする、木造建築のハウスメーカーです。1975年に会社が設立されました。以来、国産の木材利用、多くの一級建築士を売りにして、優良な木造住宅を提供し続けています。国内ではトップクラスのハウスメーカーであり、その分信頼性も高いのですが、...

ミサワホームと住友林業と言えばそのどちらも日本のハウスメーカーとして有名な業者ですが、各業者とも独自の建築工法を採用しているため、一見同じような外見に見えてもその内部構造や建築過程が大きく違っています。そう言った建築工法の違いを比較することによって、将来購入する新築住宅に関しての理解をより一層深めることができます。ミサワホームの開発した独自の建築工法として有名なのが、パネル工法と言う画期的な建築工...

住友林業と大和ハウスとでは購入を検討する客層が様々な面で異なります。そのためあまり比較競合になるケースは無いようです。まず基本的な構造が違います。本格木造の住友林業に対し大和ハウスは軽量鉄骨造で、しかもその構造のパイオニアでもあります。木造住宅を選ぶ人はもともとが木造志向のケースが多いため、大和ハウスのような鉄骨造と比較することをしません。また主なターゲットとする客層にも違いがあります。若い夫婦な...

パナホームといえば言わずと知れたパナソニック株式会社のグループ企業ですが、住友林業とどのような違いがあるのか比較してみました。坪単価パナホーム 60万〜110万円住友林業 45万〜100万円住友林業は坪単価の幅が広く、「mamato(ママト)」という商品が坪単価45万円〜、その他の商品は60万円〜となっています。特徴「パナホーム」誰もが知っているパナソニックグループの企業ですが、家電企業がなぜハウ...

住友不動産というと世間知らずな私はビルや土地を扱う企業で、住友林業は住宅関連だと勝手に思っていましたが、住友不動産も住宅を扱っていると知って、住友林業と住友不動産の違いを比較しました。坪単価住友林業 45万〜100万円住友不動産 40万〜60万円坪単価だけを比較すると住友不動産の方が安く、ローコスト住宅並みの価格です。特徴住友林業昭和23年、山林の管理会社として創業しました。山林環境事業・木材建材...

page top