住友林業 断熱材

住友林業の断熱材や性能は?

夢のマイホームの新築にあたり、デザインをはじめ、内装、間取りなどを重視される方も多いと思いますが、断熱性能や気密性能、耐震性や耐久性など快適に暮らすために性能を重視した家造りをされる方も多いです。

 

 

 

住友林業の断熱材や性能に注目してみました。

 

 

そもそも、断熱性能の高さをどこまで追求するのかはそれぞれだと思いますが、極度の冷え性の方や雪がよく降るような地域に住まれている方は特に意識されるのではないでしょうか。

 

 

 

または、冷暖房の費用を極力抑えたいという方や、ヒートショックを防ぎ安心して暮らせる家造りをしたいという方も断熱性能を気にされると思います。

 

 

 

現在は、高断熱・高気密性能で設計されているハウスメーカーも多く、住友林業以外にもこれらの性能に優れているメーカーもありますが、住友林業の断熱材に関して、【断熱材 種類】や【断熱材 変更】などのキーワードの検索数も多く、関心度の高さが伺えます。

 

 

 

まず、住友林業で採用されている断熱材の種類ですが、住友林業ではグラスウールが標準仕様となっているようです。

 

 

 

このグラスウールといった断熱材はよく使われていますが、軽くて薄いのに保温性はもちろん、吸音性や耐久性にも優れているといった特徴があります。

 

 

 

住友林業では、天井や外壁、床下、窓などに適切な断熱部材が使われていたり、躯体に断熱性能に優れている木が使われていることもあり、次世代省エネルギー基準を高いレベルでクリアされており、断熱性能の高さはもちろん、光熱費を大幅に削減でき経済的な家のようですね。

 

 

 

しかし、その一方で断熱性能を表すC値や気密性能を表すQ値の数値はイマイチで、業界でもトップの性能を誇っていることで知られているメーカーと比較すると、その差は一目瞭然ですし、断熱材の暑さを一条工務店と比較すると、2倍近くもの差をつけられていることも事実です。

 

 

 

さらに、住友林業の特徴でもあるビッグフレーム構法が欠点となってしまうこともあり、確かにこの構法を採用することで柱の数を少なくし、開放感あふれる大きな窓を設けることができたりと、大空間を演出することができるのですが、その一方でこの大きな窓が寒さを招く原因となってしまうこともあるようで、寒さを指摘する声もあがっています。

 

 

 

しかし、その一方で、『冬場の室内は想像していたよりも暖かく感動しました。』や『冬に窓際にいても寒くなく、暮らしやすい家に満足しています。』などの声もあがっています。

 

 

■関連記事

 

>>住友林業の無垢材について

<スポンサードリンク>




page top