住宅ローン 頭金

住宅ローンを頭金なしで組むリスク

最近では都心でも新築のマンションが値下がりをしており、頭金なしでもマンション、戸建ての購入に踏み切る人も増えています。

 

 

 

 

一般的にどれほどの自己資金を準備しているべきなのでしょうか。よく言われているのは、購入価格の2割は頭金として自分で準備しておくことが薦められています。

 

 

 

 

そして、物件を購入する際には当然、諸経費もかかります。不動産物件の購入は高額なものなので、諸経費は物件価格の1割程度です。ですので、不動産価格の3割程度の自己資金を準備しておくことが薦めら得れています。

 

 

 

 

とはいえ、最近では自己資金が2割、3割を切っていても購入に踏み切っている人がいます。理由は何でしょうか。

 

 

 

 

まずはマンション価格がだいぶ下がってきているということです。ずっと続いていたデフレの影響で、マンション価格もだいぶ下がっています。同時に金利もずっと低金利が続いていますので、まさに購入する絶好の機会となっています。さらに、景気の先行きが明るいことも不動産の購入意欲を高める要因となっています。

 

 

 

 

 

では、住宅ローンを頭金なしで組む場合のリスクとしてどのようなものがあるでしょうか。実は、頭金なしで組む場合は住宅ローンの破綻率は当たり前ですが高くなります。多いのが諸経費も自己資金から準備できず、住宅ローンに組み込む場合です。

 

 

 

 

 

このような状態になると、いかに日ごろの家計状況に貯蓄するほどの余裕があないことを示しています。その状態で、目いっぱい住宅ローンを組むと将来破綻してしまう危険性は高くなります。

 

 

 

 

 

さらに、住宅ローンを返済できなくなると、家を手放さなければならなくなります。その際に、もし頭金なしで住宅ローンを組んで、物件を購入したとすると、住宅ローンの残高が売却価格よりも多く、借金だけが残ってしまうという危険があります。新築物件でも2割以上の値下がりを考えなければいけないので、物件の状態に関わらず売却価格は少なく見積もる必要があります。

 

 

 

 

 

 

住宅ローンを組む際はいろんな銀行を比較した方が良いです。最低2〜3社は比較したいところです。

 

 

 

 

住友林業 坪単価|値引き交渉のポイント!のTOPへ戻る