住友林業の坪単価や値引き

無料!各ハウスメーカーの間取りや費用総額表がもらえます♪

 

住友林業の坪単価はいくら?

住友林業の坪単価は、

 

 

 

70〜80万円 / 坪当たり

 

 

 

程度が目安と言われています。

 

 

 

ちなみに、住友林業で建てられた方の平均的な坪単価は、

 

 

 

75万円 / 坪あたり

 

 

 

となっていると言われています。

 

 

 

全国的ハウスメーカーの平均的な家の大きさは43.3坪と言われていますので、住友林業で平均的なサイズの家を建てようとすると、

 

 

 

約3300万円との計算になります。

 

 

 

但し、この金額は建物の本体のみですので、
これ以外にかかる、ローンや登記などにかかる諸経費、
外構・塀・車庫や照明、カーテン、空調機器などは含まれておりません。

 

これらの設備にも、400万円以上は必要になるかと思います。(安い物を買えばもう少し安く抑えられます。)

 

ですので、

 

3700万円

 

ぐらいの予算がないと、住友林業の平均的な家が建たないということにもなります。


住友林業の相場や実際の坪単価は?

住友林業といえば、坪単価や価格帯がとても高いハウスメーカーといったイメージがあります。

 

 

 

プランの自由度も高く、可能な限りフルオーダーで理想通りの家を建てたいという方にはもってこいのハウスメーカーだと思いますが、ある程度予算に余裕のある人でないと住友林業で建てることは厳しいのではないかと思います。

 

 

 

参考までに住友林業の坪単価を紹介しておきますと、70万〜80万円程度が目安となっているようです

 

 

 

しかし、実際に打ち合わせを進めていくと坪単価や価格がどんどん高くなっていき、最初の見積り額とはかけ離れた金額になってしまったということはよくある話です。

 

 

 

そこで、住友林業の実際の坪単価を調べてみました。

 

 

 

・住友林業の5大シリーズ、建坪53坪、本体総額3200万円ほどで契約しました。
契約の段階での坪単価は約60万円という計算になります。

 

 

 

・住友林業の和楽で建築中ですが、我が家の場合は標準設備がほとんど無いため価格は高めです。53坪で最終的には4200万円ぐらいになりそうですが、坪単価は約79万円ということになります。

 

 

 

 

住友林業の坪単価を紹介しましたがどうでしょうか。

 

 

 

 

価格を抑えるためにあらかじめ商品を企画化することでコストダウンを実現されているところもありますが、住友林業の場合は自由設計となっています。

 

 

 

 

そのため、同じ提案などはなく坪単価が大きく異なる場合もありますが、
住友林業で建てられた方々は口を揃えて、「住友林業が高かったことは確かです。」と言われる方が多いように感じます。

住友林業の坪単価、ビッグフレーム工法で建てた場合

住友林業の名前の通り木材住宅に強く、日本でも有数の人工林保有の会社ですから、木の住宅に関しては住友林業の腕前には一定の評価があります。

 

 

 

日本は見ての通り森林に囲まれた国ですから昔から国産の木造住宅が主流でした。

 

 

 

最近は輸入材の輸入により国産の木材はあまり見かけませんが、

 

 

 

それでも海外の森林伐採や自国の林業の衰退に歯止めをかけるために積極的に国産木材を使用している会社が増えつつあります。

 

 

 

住友林業もその一つであり、これからももっと国産の比重が増えていくと嬉しいですね。

 

 

 

住友林業と言えば「ビックフレーム構造」が有名です。

 

 

 

これは簡単に説明すると柱や壁を少なくして間取りを大きく取ることができる構法です。

 

 

 

窓を大きくすることができますし、そのために部屋全体が明るくなり、風通しも良くなります。

 

 

 

柱が少なると耐久性に不安がありますが、その点に関しては問題なく、重量感がある構造をもって木材住宅のビックフレーム構法を実現しています。

 

 

 

技術力があるからこそこのようなことができるので、この技術は住友林業の技術力を証明していることになりますから消費者にとってもメリットが起きいこのビックフレーム構法はこれからも人気が高まる事でしょう。

 

 

 

ちなみに「木造住宅は地震に弱い」と言われていた時代もありましたが、

 

 

 

住友林業の住宅は建築基準法にある耐久性の1.5倍を実現している耐久等級3の耐震性には問題ない住宅ですから木造であるからと言って地震に対する不安は少ないです。

 

 

 

住宅を建てる時に気になるのは費用です。

 

 

 

自分の条件に見合った家を建てるためには多少の予算オーバーでも頭が痛い悩みになります。

 

 

 

住宅価格を決める上で重要なのは坪単価です。

 

 

 

住友林業の坪単価は他社と比べて少し高めに設定されているとされます

 

 

 

40坪で80万円弱とされており、多少高さは感じますが、それは技術力の裏返しとも取れますし、何よりも「提案力がある」とされる会社の値段に裏付けられた自信ともとらえることができます。

住友林業のマイフォレストの坪単価

我が家は、マイフォレストで実際に家を建てました。

 

 

 

もともと建売住宅はできた間取りに合せて家具の配置を考えなくてはならないこと、

 

 

 

場合によっては限られたスペースに合せたものを新たに購入しなくてはならないなど、これまで気にいって使っていたものやこれから永くにわたり使っていくものに制限が発生してしまうことから望んでいませんでした。

 

 

 

その点注文住宅でしかも木のぬくもりを好んでいた我が家には、このマイフォレストは、絶好のプランでした。

 

 

 

注文住宅を選んだ理由は幾つかありますが、まずは間取りの自由設計です。家族構成はもとより将来を見据えた家の中の環境変化を想像しながら、子供部屋は仕切りを入れ独立させていいのか、

 

 

 

それとも家を出た時は、また続いた部屋にできれば広く使えるなどといった「こうしたいなぁ」から生まれる間取り、そして家の中の役割に即した導線や設備、例えば、家内の役割は主に家事です。

 

 

 

食品棚はどこの位置にどの程度の収納があればよいのだろうか、そして一日の多くを過ごす台所には是非、多くの日差しを取り込めるようにしたい、さらには洗濯機のある洗面から干場までの導線は近いほうがいい、

 

 

 

自宅介護を受けるようになった時のことを考え、手すりを付けるための補強を壁に施工したほうがいいのか、トイレのスペース、階段の幅は十分なのか、そんな願いを叶えてくれるのが注文住宅でした。

 

 

 

そしてマイフォレストしか持たない特徴が木材でした。

 

 

 

以前、住んでした建物は鉄筋建てでした。室内は確かに木造部分もありましたが、住んでみないと分からない木と鉄の身体がとらえる感じ方は、全く異なります。

 

 

 

心が安らぐのはやはり木造でした。外観もそうです。落ち着いた感じのデザイン、色合い、スタイル、外から見ても木造の高級感と優しさが伝わってきました。

 

 

 

因みに我が家は、納得いく設計で坪62.5万円位でした。一生を支えてくれる基盤です。大切にしていきたいと感じるものであって欲しい願いが詰った価格です。


住友林業の二世帯住宅の坪単価と特徴

結婚したら一度はなんとなく両親と同居することを前提に、二世帯住宅を建てようかと考える方もいるかもしれません。

 

 

 

また東日本大震災を機に、家族とのつながりや絆を再認識する機会になった方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

さらには世帯収入が伸びにくい現在の経済状況の中、夫婦が共働きで家にいない時間が多くなると、子供のお世話の問題が出てきます。そのようなときに親と一緒に住んでいれば親が孫のお世話をしてくれるかもしれないという背景もあり、二世帯住宅のニーズが高まっているようです。

 

 

 

 

そんなときに住友林業にはどのような二世帯住宅があるのか、坪単価や特徴について調べてみました。

 

 

 

 

 

坪単価
50万円台〜となっているようです。
坪単価だけみると安そうなイメージがありますが、オプションや諸経費は入っていませんので、実際はもっと高くなります。

 

 

 

 

 

 

特徴
二世帯住宅用に「ikiki(イキキ)」という商品がありました。この商品はシェアする二世帯住宅や完全分離タイプがあり、また平屋から3階建てまでバリエーションに富んでいます。

 

 

 

 

さらに夫の両親との同居だと建物を上下階で完全に分離し、妻の両親との同居は建物を左右分離にする提案をしています。夫側の両親と暮らすとなると、妻は気を遣いますので完全分離、一方妻側の両親と暮らすときは、妻が自分の親に気兼ねなく頼れるので左右分離にすることで、それぞれ適度に距離を取ることができ、みんなが気持ちよく暮らせるという手法が、面白い提案だと思います。

 

 

 

 

 

またシェアや完全分離といっても結構気になるのが音の問題です。生活スタイルによって起きている時間と寝ている時間が違いますので、寝ているときにいろいろな音が聞こえてくるのはストレスが溜まりますが、そこは住友林業、業界トップクラスの遮音仕様を採用していますので、音によるストレスを軽減してくれるようです。

 

 

 

 

 

価格帯は高めとか、親世帯と子世帯みんなが気持ちよく住める住宅を造るには予算の兼ね合いと時間がかかりそうですが、家族みんなの幸せのために住友林業に相談してみるのもいいのかもしれません。

住友林業の三階建ての坪単価は?

住宅密集地での住まい造りを考えた場合、様々な制約があることや、限られた敷地の中での住まい造りが求められるなど様々な問題に直面すると思います。

 

 

 

限られた敷地の中での住まい造りが求められる場合や、店舗併用の住まいを求める場合には三階建てや四階建て住宅といった選択もできます。

 

 

 

住友林業では三階建て、四階建て住宅に対応した“プラウディオ”といった商品が用意されています。

 

 

 

住友林業の三階建て、四階建て住宅の特徴として、ビッグフレーム構法を採用されているため設計の自由度が高いということがあげられます。

 

 

 

そして、住友林業では三階建て実物大モデルを使った実験が行われたこともあり、そこで耐震性能の高さを検証、また耐火性に関しても大臣認定を取得されているため、防火地域での三階建てや四階建ての建築にも対応されています。

 

 

 

さて、住友林業の三階建て住宅で建てる場合の坪単価や価格も気がかりですが、どれぐらいの坪単価を目安にしておくといいのでしょうか。

 

 

 

 

調べてみると、プラウディオが発表された当時の坪単価は60万円台〜と紹介されていました。

 

 

 

 

しかし、このプラウディオは自由設計のため価格はピンキリだと思いますし、この坪単価にはおそらく諸費用などが含まれていないため、実際の建築費用はもっと高くなることが予想できますので、あくまで目安程度とされて下さい。

住友林業の値引きは可能なのか?

住友林業は値引きが、難しいハウスメーカーと言われています。

 

 

値引き額は、いろいろな事例がありますので、いくら値引きをしてくれると一概には言えません。

 

 

噂では、全体の5%値引きしてもらえれば良い方と言われています。

 

 

住友林業の値引きのポイントは、複数のハウスメーカーに資料請求をする事です。

 

 

他のハウスメーカーの費用を知らないまま、最初から1社に絞ってしまうと値引き交渉が進めにくくなります。

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」では、一度の入力でお住まいの地域の各ハウスメーカーの間取りプランや支払総額資料等が

 

 

無料で可能となっています。これから家を建てたいアナタは、いろんな間取りプランや支払金額を

 

 

比較してみてくださいね。